引き継ぎをうまく行うものは次の職場でも安泰

どうせやめてしまうのだから、そこまで根をつめず、後の事はうまく任せてあっさりやめよう、そう思っていませんか。
実は、この引き継ぎというのはかなり転職にとっても重要な行為なのです。

医師転職にあたってもっとも気をつけなくてはいけないもののひとつに、同僚や関わりのある医師の間での評判というものがあります。
一般のサラリーマンの世界と異なり、医療界というのはかなり閉鎖されたところであるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
事実これはそのとおりであり、普段一緒にがんばっている他の先生の目というのは、想像以上に怖いものがあります。
これは、医療界の人づてが馬鹿にならないことを意味しています。

まったくの新天地に越してきたとしても、前職での人間関係や評判がいつの間にか知れ渡っている先生は多くいらっしゃいます。
医師という職業はその性質上、どうしても目立つ位置にいます。
そして決断をする立場として、患者さんの健康を左右するというとてつもない位置にいます。
同じ境遇の人物というのはなかなかおらず、比較対象が自分たしのみという人も多いものです。

そして、医療スタッフにおいても『先生といえば』といった風にあなたの知らないところで噂に上っていることも少なくありません。
上級医だってそれなりのネットワークを持っていますから、まず調べればたどり着けるといってよいでしょう。

引き継ぎをおざなりにしたことで嫌な評判が立ってしまった後、新しい場所でひょっとすると後から遅れて評判がやってくることがあります。
こうした事態に巻き込まれると、どれだけその職場で誠実に仕事をしていても、信頼を落としてしまうことになりかねません。

職場選びはコンサルタントに相談してみよう

こうした思わぬところで評判を下げることを防ぐためにも、医師の仕事専門のコンサルタントを活用しましょう。
コンサルタントは、その病院の内情に関する情報を持っていますが、それは働く先生のキャリアや人となり、そして前職から今度の職場への橋渡しをうまく行ってくれる人材でもあります。
こうしたケースを嫌というほど間近で見てきたコンサルタントならではのアドバイスは、医師免許の有無に限らず馬鹿にならないものです。

こじれそうな人間関係を切り抜ける処世術や対処方法などを教えてくれるコンサルタントもいますから、是非信頼できる相手を見つけ、一緒に転職を乗り越えていってください。